Top > 独り言 > 逆にプラスになる

逆にプラスになる

FX取引初めての方が為替相場の大切なところを見つけるには、最初に取引経験を積み上げていく事が大切である。

 

特に、前もってリスクを感づくようにするようになるにはミスを重ねる事も経験のひとつです。

 

もちろん、間違いをするといっても再起できないほど致命的な間違いをする事は論外です。

 

小さいケアレスミスを何度も実践する事が、自身の経験値を高めてくれるはずです。

 

れを考えると、最初は少ない額で投資して、これで簡単なミスをすることが大切です。

 

例として、100万円しか投資資金がない状態で、深く考えずに全額使って売り買いするとミスした時二度と立ち上がれなくなってしまう心配があります。

 

そうであるならば、一例として10%ずつ分割してトレードを行ないここで失敗や成功を重ねた方が間違いを対応する手段なども学習していくはずです。

 

最初に少額で売買する事のメリットは、前述したように、自身の実戦を増やし、失敗を回避する技術を覚える事にありますが、一緒に、注文の回数を積み重ねる事で、危険性を削減する事ができるという利点もあります。

 

たとえば、1回だけの取引で勝てる可能性が50%だと考えます。

 

この条件では、同じく50%の確率で損が生じるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

2回に1回の確率でプラスになる事を示しています。

 

だが、全ての資金を使って1回こっきりの売買をするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

それは丁半バクチと同じ。

 

要するに、全財産を投じて1回こっきりの勝負しないとそれだけ損が生じる比率が大きくなります。

 

そのため、投資するお金を1回にすべてつぎ込むのではなく何回もに分けて機会を重ねる事がリスク回避となります。

 

同時に何度かに分けたとしても、全ての注文で勝利する事は大切ではありません。

 

正確に言うと、勝利する事が出来ないのが本当のところです。

 

売買で重要なのは勝った回数ではなく、どれほど稼ぐかです。

勝率が同じでも、それ以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

それ以上負けても損が少しであればわずかな勝利の儲けだけで相当利益を上げられます。

 

それには、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

損失が出たらすぐに損切りして逆にプラスになる時には可能な限り大きく利益を上げることが、外為の経験の浅い方がFX投資で勝つための手段です。

 

独り言

関連エントリー
派遣もうまく使えばチャンスとなる腹痩せしなきゃと思う時逆にプラスになるオーダーカーテン屋はカーテン屋とは違う?