Top > 風景 > 低すぎる場面

低すぎる場面

とうとう売買する時という段階では、第一に事前調査をしなくてはいけません。

 

売買を始める前であるとすれば場面を論理的に観察する事が出来ます。

 

だけれども、一度売買の中に立ち入ってしまうと見解が自分勝手なものになってしまいがちで、時として冷静な見方がわからなくなる不安があります。

 

その分あなたの理性的な状況で、準備を進めておくことが不可欠です。

 

"事前準備"するためには、始めに自らの脚本を作成する事から手をつけます。

 

これからの相場は下がる(または上がる)からランドを勝負するといった、自分で考えた脚本を書いていきます。

 

次に時間足チャートをチェックしましょう。

http://ameblo.jp/iaefehu87fe/

それ以前のマーケットの上がり下がり見定めて現時点での値段を調べます。

 

そうすると、「今日は相当低すぎる場面になっているな」他には「もう大勢の買い(あるいは売り)に動いているから今から大急ぎで売買してももう遅いな」ということが納得できます。

当たり前ですがもはや売り(または買い)するが間に合わないなと感じたならば、吹っ切ることが肝心です。

 

どう工夫しても自身の筋書きを妥協しないで、無理に取引するとマーケットに跳ね返されてしまいむしろ為替差損を受けることになる危険性があります。

 

とは言ってもたいがいのケースで準備万端の自分なりのストーリー展開を書いておけば、仕かけるのがなすすべがないということにはなりません。

 

おそらく、リアルにマーケットが動意づく前のはずだから。

 

次に、とりあえず自分がエントリーしようとする売買ポジションの変動を把握する事が重要です。

 

仮に円安に向うと推測する脚本を描いたのであれば、該当する通貨の変動に気をつけておきます。

 

外国為替市場の上げ下げを注視し始めた場面では、まだまだその通貨は誰の眼にも明らかに上げ下げする雰囲気を見せることなくちょっとした変動をしているだけでしょう。

 

ところが、その変動をじっとチェックしていると、ある場面で少しずつドル高へと外国為替市場が変化し始めます。

 

この状況で初めて、ドル買いの取引します。

 

通常、そこまで念入りに事前の準備をすれば、その売買で稼げる率は結構高くなるはずです。

 

風景

関連エントリー
低すぎる場面一世一代の勝負
カテゴリー
更新履歴
抜け毛の端緒に整髪料はなるようです(2014年11月22日)
興信所にてお取扱い中。。。不倫の慰謝料問題(2014年11月 6日)
派遣もうまく使えばチャンスとなる(2014年11月 5日)
綺麗好き人間 vs 無頓着人間(2014年8月25日)
Excelで作ったオリジナル家計簿(2014年8月24日)